『ほっとけない魔女たち』キャストと主題歌は?あらすじが面白すぎ!

この記事は2分で読めます

魔女

Sponsored Link


こんにちはAzuです^^
夏の特番が終わると新しいドラマシーズンですね。
いくつか注目しているドラマがあるんですが、
その一つが昼ドラ『ほっとけない魔女たち』

V6三宅くんの復帰作として話題になってますが、
その詳細を調べてみました(^o^)

 

 

Sponsored Link


キャストと主題歌は!?

魔女

これは4人姉妹がキャッツアイやチャーリーズ・
エンジェルの様に世直ししていく物語。
あれ?三宅くんは!?(笑)

長女:中島春子(なかじまはるこ)
室井滋さん
室井滋
亡き夫からIT会社LADYDO(レディドゥ)を引継ぐ
資産家。余命宣告を受け、今までできなかったことを
する為に姉妹を集結。
室井さんは『花子とアン』のお母さん役がめちゃくちゃ
はまり役で大好きです♪今度は都会で働く資産家…
スゴイギャップw
室井滋2

 

次女:有沢夏江(ありさわなつえ)
浅野ゆう子さん ※主役
浅野ゆう子
イタリアンレストラン『アマルコルド』のオーナー。
独身を貫く強い女!アマルコルドとはイタリアの方言で
『忘れられない』という意味なんだとか。トレンディの
イメージが強い浅野さん。どんな演技をしてくれるのかな?

 

三女:村田明代(むらたあきよ)
松本明子さん
松本明子
専業主婦。子供も2人。周りから見たら恵まれた環境
ですが満たされない日々を送っている役。
松本さんといえば放送禁止用語をテレビで叫び、
しばらくテレビに出ていなかった(干された)ことで
有名ですよね。最近また見るようになって『電波少年』世代の
Azuとしても嬉しいです。

 

四女:有沢冬美
釈由美子さん
釈由美子
四大卒業後、大手新聞社に入社するも上司と
衝突し、フリーへ転向。理想と現実のギャップに
悩む末っ子役。この服は、世直しの際にキャバ嬢に
扮した際の格好です。美し~い(^o^)

 

あれ?三宅くんは??←しつこいw
ちゃんと調べましたよ♪

近藤マモル
三宅健
三宅健

次女夏江(浅野ゆう子)が営むアマルコルドのシェフ。
なぜかシナリオライター志望wブレーンとして4姉妹を
助ける役。おお賢い役なのね^^
2004年の『劇団演技者。』の主演を最後に、舞台に
活動の拠点を移した三宅くん。ファンの方々すみません…
私が記憶しているドラマは『銀狼怪奇ファイル』
最後でした(涙)光一くんの敵役ねw
金狼
なんと1996年!!!!!!!画質も悪いです(汗)

ドラマだけじゃなく、バラエティでも引っ張りだこ
でしたよね(フォローではないw)『伊東家の食卓』
『学校へいこう』が懐かしい!!

だいぶそれちゃいましたが、こんな豪華メンバーで
昼ドラをやっちゃうんです。フジテレビの本気度が
伝わってきますね。

 

主題歌はV6の新曲『Sky’s The Limit』です。
さすが三宅くん復帰作!!
sky
これはどういう意味かと言いますと…。
空が限界(直訳)

空は広く制限がない

制限がない

可能性は無限だ

伝わりますかね…?(汗)
まぁつまり『可能性は無限だ』で覚えて下さい(笑)
CMで聞いた感じだと爽やかな歌に仕上がってましたよ♪

 

そしてエンディングソングは上野優花さんが歌う
『大切なあなた』。これは松田聖子さんが1993年に
発表した曲なんです。
上野優華
なんとまだ16歳の現役高校生!
女優に歌手に今後が楽しみな女の子!キレイですね^^

 

 

あらすじは!?

ほっとけない魔女たち

前記の通り、4人姉妹が世の中の間違ってることを
協力し合い成敗していくドラマ。
昼ドラ=どろどろの私にするとちょっと寂しい様な…。

でも大丈夫!
この4姉妹過去の事件から、不仲なんです。
待ってましたぁ(・∀・)名作『牡丹と薔薇』的な??
まぁあそこまで激しくはないでしょうが、女性同士の
衝突もあるようです。

また独身女を貫いてきた次女夏江にも恋の予感❤
相手は神保悟志さん。あら濃い(笑)
神保悟志

物語は余命宣告を受けた長女が今まで出来なかったこと
(世直し)にチャレンジして、生きてきたという証を作りたい!
という突拍子もない発案からスタートします。

毎回世直しの内容は違い、その度に周りの人間関係が
変化していきます。

『ほっとけない魔女たち』要チェックですね!!
ほっとけないわーー!!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 永島優美
  2. rp_4FFAPANPcjOwnlX_19058_65.png
  3. ギュライン
  4. rp_20110712_1894125.jpg
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ