ムーミンの実写版に驚き!ユニクロのコラボグッズとは違いすぎる衝撃!

この記事は2分で読めます

rp_4-cd03f.jpg

Sponsored Link


子供のころから愛され続けているマンガ「ムーミン」
主人公のほかにリトルミィやスナフキン・ニョロニョロなど
多彩な登場人物(?)で、世界中から大人気のマンガです。

 

私もよく子供のころに、テレビのアニメで見ていました。

 

ほのぼのとしたアニメで、大好きというところまではいきませんが、
何となく見てたという記憶があります。

 

そんな愛されアニメの「ムーミン」に今回衝撃が走りました。
いったい何があったのか、ちょっと解説したいと思います。

 

Sponsored Link


 

ムーミンって?

 

もともと「ムーミン」はフィンランドの作家、トーベ・ヤンソン
生み出したキャラクター。

 

第二次世界大戦中に当時の独裁者を風刺する
画の中に登場したムーミンは、戦後直後に第1作が出版され、
その後イギリスを経て世界中に広まり、日本でも60年代から
70年代にかけてアニメ化された。

 

2014年は作家トーベの生誕100年にあたり、
日本でもそれを祝うイベントが各地で開催されている。

 

衝撃が走る!!

 

実は今回、5月19日ツイッターの「ムーミン公式サイト」が
1枚のが画像を公開した。

 

その画像は、「山高帽を被ったムーミンパパ」「前かけを掛けたムーミンママ」
「シャツ(?)らしきものを手に握ったムーミン」
という実写版ムーミンが納められたもの。

 

ムーミン親子が勢ぞろいしたと思われるこの3ショットは、
1973年にスウェーデンのテレビ会社が制作した
テレビシリーズ『ムーミン谷』の画像だという。

 

これがツイッター上で大いに話題となった。

 

「こんなムーミンはいやだww」
「くたびれ具合がなんかリアルww」
「これちびっ子みたら泣きますな」
「怖いだけやん!」

 

といった声が、ぞくぞくと登場している。

そして特に注目が集まっているのは「手」だ。
着ぐるみから突き出しているのは明らかに中の人の「手」

 

これについてはツイッター上でも、
「手がww」
「細かい作業ができる様に進化したんですね」
「完成度高いと思ったら手がww」

 

と指摘されていて、スウェーデンで制作されて以来、都合44年越しで
明らかにされた「ムーミンの手」に驚きの声が上がっている。
その画像がこちら

 

衝撃の実写版ムーミン。見てみたい気もするが、子どもたちにはトラウマ必至か<br />
※この画像はサイトのスクリーンショットです

 

うーん、リアルなんだけど何か微妙・・・

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. untitled
  2. rp_3203101162.jpg
  3. BheScOICYAA5_Z--225x300
  4. ニョッキ3
  5. kate7
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ