賀来賢人の熱愛発覚!?花子とアンの兄やんはお相手の彼女に夢中?

この記事は3分で読めます

rp_20110712_1894125.jpg

Sponsored Link


みなさん、NHKの朝ドラ観てますか?
現在放送中の番組は「花子とアン」という
吉高由里子さん主演のドラマです。

 

私は通勤中の車の中で観てるんですが
(危ないよね)、結構面白んです。
特に吉高さんの家族が個性的で結構好きなんですが、
今回吉高さんのお兄さんを演じている
「賀来賢人」さんの熱愛が週刊誌で報じられました。

 

ドラマでは純朴な青年を演じてるんですが、
普段はかなりイケメンの青年です。
しかもお相手の彼女がスゴイ!!

 

いったいどんな人なんでしょうか?

Sponsored Link


 

 

賀来賢人(かくけんと)

1989.07.03生まれ

身長178cm

血液型O型

東京都出身

俳優(アミューズ所属)

 

元々デビューのキッカケは、家族の写真を見た事務所の
人から「この子に連絡が欲しいと伝えて下さい」と名刺を
預かったそうです。

 

そして彼が事務所に連絡したのがキッカケで、デビューを
することになりました。

 

2009年に映画「銀色の雨」で初主演を果たします。

 

その後は学園ドラマを中心に幅広く活動しています。
「ごくせん」「クローバー」「ダンダリン」などに出演。

 

そして現在放送中の「花子とアン」に出演中です。

 

 

彼の名前は「安東吉太郎」

 

彼は花子の1歳年上で、8歳の時に苦しい家計を助けるために、
花子の代役として奉公に出ます。
3年で奉公を終え戻ってきた彼は、花子の女学校進学を
羨ましく思いながら、実家の農業を手伝います。

 

そして彼は複雑な思いを抱きながら、家を出て軍隊に入り
花子とは対照的な人生を歩むことになります。

 

fb203f45-s

 

 

このイケメンの彼が、軍隊行きを決意し、最後は
ボーズ頭で旅立っていったのでした。

 

ちなみに雑学を2つ

彼の叔母さんは、あの女優の「賀来千香子」さんです。

もう一つ、花子の将来の夫は・・・印刷屋さんで~す。
楽しみに見てる人、ゴメンね~!!

 

 

さて、彼とドラマの紹介はこれぐらいにして、
本題の彼女にいってみましょう。

 

 

彼女は誰?

 

彼女の名前は「本田しおり」さん。
26歳で歌手やモデルとして活躍中です。

 

o0480064012687438198

 

6月上旬のある日、早朝5時過ぎのことだった。都内のあるバーから出てきた
5人組の中に、「兄やん」を発見!でもドラマと一緒なのは坊主頭だけ。
赤紫の地に白い水玉という派手なシャツに、黒いハット、デニムスタイル
という彼はめちゃくちゃハイカラ!

 

それだけじゃなかった。しばらく歩くと「マクドナルド」に入り、朝マックを
楽しんだ。そして彼は店を出たところで友人と別れるのだが、女性が一人
彼の元に残る。彼とその女性はそのまま一定の距離を保ちながら、ツーショット
で自宅へと帰って行った。彼女は「本田しおり」。

 

「付き合ってもう2~3年になるんじゃないですか?かわいいワンちゃんも
一緒に同棲してますよ。彼女はホンワカした雰囲気ですが、物事をビシッと
ストレートに言う性格で、彼はそんなところが好きみたいです。
2人は演技や歌の話を始めると止まらなくて、友人と飲んでても、
気づくと2人で話し込んでることがよくあるんですよ」(芸能関係者)

 

この2人、実はネット上で話題になったことがあった。
2012年11月、バラエティー番組に出演した彼が
自宅を公開した際、リビングに置かれていたソファと
テーブルが、その後彼女がツイッターにアップした
写真とそっくりで、「一緒に住んでるの?」と
話題になったのだ。

 

mtzPmTq

QtBMWH2

 

女性セブンはこの朝だけでなく、今年に入って2人がショッピングデートを
するデート現場もキャッチしている。

 

「羽根の付いたアクセサリーや、皮の小物を2人で熱心に選んでました。
彼女が”これ似合ってるよ”とアクセリーを勧めると、彼は”マジ?じゃあ
買おっかな”って返していて、とっても仲のいい雰囲気でしたね。」

 

そりゃどうみても、上の写真はモロでしょ!
しかし、美男美女のカップルとは、まさにこの2人か。
羨まし~

 

次はゴールインの話題、期待してますよ

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 広瀬すず2
  2. アリアナ2
  3. rp_photo08.jpg
  4. MOONSAGA
  5. 小関裕太2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ